Loading

BLOG

思考は形が作る

 

動くのは、行動するのは考えるから、考えたから動いているのか、行動しているのか?

動いたこと、行動したことが、あなたの考え方を作っているのです。

行動を考える、どう行動するかを考えることは重要ですが、考えることと行動することでは、考えることが「従」になります。

考えて行動するのではなく、少なくとも考えながら行動する、行動しながら考えることが重要であり、実際にそうしないと行動は生まれません。行動がなければ結果は生まれません。結果がなければ、何にもならないですよね。

Defence-Imagery / Pixabay

洗脳というものがあります。

むかし、朝鮮戦争で、捕虜となったアメリカ兵に、朝鮮側は「君が共産主義を嫌っている、認めていないことはよくわかっている。でも、座興として、共産主義を讃える文章を書いてもらえないか。優秀作にはタバコを進呈するよ。」

兵士は、「なるほど、俺は信じちゃいないんだから書くだけ、行動だけだ。別にいいじゃないか、心は、考え方は変わらないよ。」

変わります。

考え方/心情(共産主義を認めない)と違う行動(共産主義をれいさんする文章を書く)を取った場合、その行動が広く伝わる、表層化する(みんなに褒められてタバコをもらう)と、ひとは、考え方と行動のどちらを取るか、どちらに合わせるか?

行動に考え方を合わせます。認知的不協和と言います。

考え方を知ること、考え方を育てることは重要です。しかし、行動を抑制し、行動を大切にする、

自分の考えに即した行動を取ることが一番重要です。

従って、思考特性も変わります、あなたの行動で。もしあなたの今の思考特性が、あなたの思いと違うなら、あなたは自分の行動を言動を変えることで思考の方向性を変えることが出来るのです。それを望むのであれば。

行動と思考の関係性を意識して、「行動」しましょう、本当のあなたが歩き始めるために。

人生の結果はすでに出ている、それは「死」だ。人生は死へのプロセスでしかありえない、だから、大いに楽しもう、この不確実で不条理な命を!

今日ホワイトボードに描いたこと。①「欠乏マシン」

関連記事

  1. 嫌いなひとを世の中から消し去る方法!

    2018.06.12
PAGE TOP