Loading

BLOG

思考特性で見る『少女週末旅行』

チトとユーリ、どちらが死んだらどうなる?

文明が崩壊した終末世界を2人だけで生きるチトとユーリ。二人を乗せてゆっくりしっかり彷徨うケッテンクラート。抜群の登場人物の少なさと世界観の秀逸さで不思議な気持ちにさせる秀作ですね。

時間軸は存在しない、あるのは食料と燃料軸だ。

時間も空間も意義も目的も縦も横も人間関係もない世界。でもないんですよね。

それが、チトのユーリの関係です。この二人の関係がよく出来ています、思考特性的に。みなさんはどう思われましたか?このふたりを。

チトは、正に左脳的思考特性で、そうユーリは右脳的思考特性です。普通の登場人物って、まどマギしかりガルパンしかりルパン3世しかり、5人なんですよね。この5人分をうまくぎゅっとしたのが、この二人なんです。

でも5人にも意味があります、思考特性的に。このお話はまた別ページで。

チトは、感情を排し新規性を望まず論理的で実務的なキャラ。対するユーリは、論理性を好まずちゃらんぽらんで、感覚的に優れ感情豊かで新しいチャレンジ精神旺盛なキャラ。

そうこの二人はうまく半分ずつになっていて、会話や行動が真逆になっています。だから、この終末の世界を生きるには最強のタッグなんですよね。

これが思考特性が近いもしくは一緒だとまず二人で協力しての旅は無理でしょう。

このお話は登場人物が少ないですが、いるにはいますよね。

カナザワとイシイです。

このお話は、この二人が一緒にならなかったことが一番優れていると思います。

もし3人組、4人組で終末旅行になっていたら、崩壊しているでしょう。

右脳のカナザワが一緒なら、右脳的な思考特性が優位性を持ち、チトは孤立します。

左脳のイシイが一緒なら、同じくユーリが孤立します。

もし4人なら、イシイとチトの思考特性の近いけど違うところが近いだけに鼻について決裂します。カナザワとユーリも同じ。そして、結局4人がバラバラになるか違う二人組が生まれていたでしょう。

これって組織でも飲み会でも一緒です。右脳/左脳同士だと同じ意見/方向性で、あるいは愚痴や非難で盛り上がるけど何も生まれない。右脳/左脳だと、とっつきにくいけど、勉強になります、勉強したくないでしょうが(笑)、でも成果は生まれやすい。

次の飲み会や会議で周りを見渡してみてください、何かが見えてきますよ。

チトとユーリみたいに奥様、旦那様が逆だといい感じで人生の旅が送れる、、と思いますよ。

原作スレ曰く「チトはユーリが死んだら悲しみ抜いた末に一人で旅を続けそう。ユーリはチトが死んだら穏やかに寄り添ったまま旅を終えそう。」

思考特性的至言。

嫌いなひとを世の中から消し去る方法!

あなたの組織は崩壊しています!

関連記事

  1. 思考特性で見る『サンダーバード』

    2018.07.10
  2. そこを探しても自分は見つかりませんよ!

    2018.07.11
  3. 思考特性で見る『99.9』

    2018.07.11
  4. 営業は、お客様のここを掴め!

    2018.07.12
  5. 思考特性で見る『スタートレック』

    2018.07.09
  6. 最強のチームを作りましょう!

    2018.07.10
PAGE TOP